月別アーカイブ: 2014年2月

あなたはあなた

こんにちは、赤点起業家の星野です

本日はあなたはあなたといことについてお話しします

あなたはあなた自身のことを分かっていますか?

分かっているという方は立派ですね

私は分かりません。

むしろ自分を分かることは一生のテーマだとさえ思っています

自分は一番近いようで一番遠い存在です

死ぬまでに自分のことを100%理解出来て死ねる人はごく一部ではないでしょうか

例えば、人生の半分を過ぎた頃に意外な才能を見つけるなんてこともありますよね

自分とは本当に不思議な存在で、一人一人違う可能性を秘めています

では、本題に入りましょう

 

 

 

〜あなたはあなた〜

当たり前ではありますが、あなたはあなたでしかありません

私も私でしかありません

どんなに他の人に憧れたとしても100%その人になることは不可能

なぜなら、今まで行きてきた人生も、環境も、DNAの作りから違うわけですから

なので、他と比べても無意味です

もし、あなたに仕事上のライバルがいるとします

その相手は、実績が上で、その理由がトーク能力やプレゼン能力が長けているからかもしれない

ですが、実績を上がるのはトーク能力やプレゼン力だけですか?

相手を気遣える思いやり能力、奇抜な発想力、デザイン能力などでも実績を上げることは可能なのではないですか?

要は、あなたの強みが何かを考えるというプロセスが大事だと思います

例えば、せどりビジネスを取り組んでいた時でした

ある方は、本業が忙しく時間が無かった、だが、その方には組織があった。その組織を使うことで実績をあげた

またある方は、ノウハウはなかったが、お金があった。その方はお金を提供する代わりにノウハウを手に入れ実績をあげた

ここでは、各個人の強みを分かっている人たちの例です

ここでの例は、分かりやすい組織やお金にしました

あなたの強みは無限大にあります。ただ、それが見えづらいだけ

その強みは、仕事や趣味などで自然と見えてくるもの

私も最近、自分にはこういうところに長けているという強みを見つけました

まだ、確信とまではいきませんが、今後の人生で確かめていきたいと思います

まとめますと

人にはそれぞれの長所が必ずある。だが、それは見えづらいものでもある

それは、仕事や趣味を通して見つけることが出来、その長所を伸ばすことであなたの色というものが輝く

だが、その長所は時には短所に見える時がある。賢すぎる子供が人とは違うように思い、孤独に感じるように

要は、人とは秀でた特徴を生かせるかどうかが大事となる

 

 

本日も読んで頂きありがとうございます!